2011年03月03日

微妙な状況

中東情勢は不透明なのに

アジアの株式市場は、活況でした

昨日の恐怖指数は、下げていたようですし

相場は、あえて 中東問題を無視しているような・・

そんな気もします。



そんな中で私が気にしているのは

金などの貴金属価格と原油価格です。

なかでも原油は素直に中東情勢を反映した価格となっています。

次は、それらの価格から連想される資源国通貨買いですね。

ところがどっこいリスク回避のせめぎあいがあります。

このあたりが面白いところです。



そして、いろいろ考えていくと

話は飛ぶのですが・・

アメリカ(+ぶらさがる日本) VS 中東 VS 中国(アジア)

の覇権あらそい、意地の張り合いが

見えてきますね。


為替や株式をやるようになって

こういった視野が広がったこと

よかったな と思ってます

でわでわ




ラベル:FX
posted by しょうしゃん(アフロ) at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。